うつ病になりやすい環境かどうかチェックしよう

女の人

病気の治療

医者

近年問題視されているうつ病の治療は、個人でどうにかなるものではありません。専門の医療機関でしっかりと治療を行うことで、症状は回復していきます。この病気は再発しやすい病気のため、医師の指導が必要になるのです。まずは治療の流れをチェックしておきましょう。一般的にうつ病の治療には時間がかかることが知られています。直線的に症状が回復するわけではなく、悪化したり回復したりを繰り返しながら徐々に治療していくのです。治療が終了した後も、再発することがとても多い病気なので、再発防止治療が必要になってきます。この病気の治療は三段階に分けて行います。「急性期」「回復期」「再発予防期」です。それぞれの段階で、治療方法が違ってきます。注意する点も異なるので、本人も含めて家族や友人など周りの方のサポートが大切になるのでチェックしておきましょう。一番注意しておきたいのが薬の飲み方です。抗うつ薬は効果よりも副作用の方が早くでます。余計悪化したと薬を飲むのを止めてしまったり、症状が良くなってきたからと薬を止めてしまうといつまでたっても回復しません。ですから、薬に関する事は医師と相談しながら対応することが重要になります。これから、うつ病の治療の説明をするのでしっかりとチェックしておきましょう。急性期は診断から3ヶ月間程の期間です。休養を十分取りながら薬物治療をします。抗うつ薬は少量から初めて、徐々に量を増やしていきながら処方するのです。効果が現れるまでに時間がかかります。焦らずに治療を行いますが、場合によっては半年ほど治療する必要があるでしょう。この時期は不安やイライラが和らいだり、物事に対する興味などが戻ってきます。回復期になると、調子が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、ゆっくりと治療を行うでしょう。この時期に勝手に治ったと勘違いして薬を飲むのを止めてしまう方が多いと言えます。気力や体力も戻ると、希死念慮が現れることがあるでしょう。行動力が伴ってくる為、自殺などを考えた時にすぐに実行することができるので、周りの方は常に様子を見ておかしなところがないかチェックしてくことが大切です。また、この時期に職場復帰を考える方がいますが、まだ完治しているとはいえないので控えましょう。再発予防期は回復してから1,2年は薬物治療を行います。症状が安定することで、社会復帰を果たせるようになりますがうつ病は再発しやすい為、治療を継続する必要があるのです。薬物治療をどの位の期間継続するかは医師が判断するので、しっかりと相談しましょう。また、再発する時のサインを見逃してしまうと、治療が大変になるので周りの方はうつ病のサインを注意深くチェックしておくのが大切です。本人は治ったと思っているので、病気のサインを見落としてしまうことがあります。周りの方がしっかりとサポートすることで、病気の再発を防ぐことができるのです。うつ病は一度発症してしまうと完治は難しいと言えます。時間をかけてゆっくりと治していきましょう。