うつ病になりやすい環境かどうかチェックしよう

女の人

病気の種類

メンズ

うつ病を早期発見するには、うつ病の種類についても知っておかなければいけません。この病気にはいくつかの種類があります。病気の種類をチェックしておきましょう。まずは、仮面うつ病です。初めて名前を聞く方は、うつのふりをした病気と勘違いをしてしまうかもしれません。ですが、実際は心の症状よりも身体の症状の方が先に現れるので、うつと自覚することが難しい種類になります。身体に現れる症状は多く、表面的な症状を治療しようとしても中々うまくいきません。根本から治療する必要があるので、身体の症状が中々治療できない場合はこの病気を疑いましょう。適切な対応をするために症状をチェックしておくのが大切です。症状の一部ですが、口腔内の渇き、舌が痛む、頭痛、動悸、肩こり、胸の圧迫感、手足の痺れなどが挙げられます。このような症状が出ているのに、治療ができない場合は専門の医療機関に診てもらうと良いでしょう。このような症状は他の病気の前触れになっていることもあるので判断が難しい所があります。慎重に対応するのが大切です。また、本人には自覚症状がないので、周りの方がサポートしてあげましょう。上記の症状が中々治らない方が周りにないかチェックして、専門の医療機関でカウンセリングを受けるように勧めてあげると病気が発覚することがあります。また、微笑みうつ病の場合は、周囲に気を配れる方に見られる種類です。落ち込んでいたり、暗い顔をしている時に周囲から声を掛けられても、「大丈夫」と微笑み何も問題はないというアピールをします。笑顔を見せることで、周囲の方は安心してしまい、うつ病の発覚が遅れてしまうのです。微笑みうつ病の特徴としては学校や職場など、誰かと一緒にいる時は明るく振る舞っています。ですが、一人になった時は表情が曇り、意気消沈して落ち込むのです。人が側にいる時は無理して明るく振る舞うので、その反動で精神的に疲れてしまいます。1人になった時、急に大人しくなるようなタイプの方はチェックしておきましょう。微笑みうつ病はうつのレベルとしては軽度のものとされています。しかし、他のうつとは違い、気力や体力が残っているため、自殺などを考えた時にすぐに実行してしまうこともあるのです。本人に自覚がなくても、イライラや睡眠不足が続くようなら医療機関で診察してもらいましょう。季節性うつ病の場合は、季節の影響を受けて発症します。中でも冬季うつが最も有名です。本格的に寒くなる10月から12月に発症して、暖かくなってくると回復します。原因は不明ですが、日照時間が短くなることで、バイオリズムが崩れることが原因と考えられているのです。症状としては、甘いものを異常に欲しがるようになり、過食傾向が見られます。また、過剰な睡眠を取るようになるので、チェックしておきましょう。女性の場合は出産後にうつを発症することもあるので注意が必要です。基本的に普段と違った心の変化や身体の変化に気をつけておけば大丈夫でしょう。